フォースコリーの効果と、効果的な飲み方とは? - DHCフォースコリー口コミと最安情報

フォースコリーの効果と、効果的な飲み方とは?



始めにことわっておきます。

フォースコリーは、効果のある人と無い人がいます。

それ以外にも、フォースコリーを飲んだために今までになかったような副作用を感じた人もいます。


フォースコリー


もちろん、全てがフォースコリーの効果であるとか、フォースコリーの副作用であるとか言うつもりはなく、偶然にも体調が悪い時だったとか、食べた食事の中に、何かフォースコリーの成分とぶつかり合うものがたまたま含まれていたとか、そういった場合もあると思います。


しかし、よくよく考えれば、悪評だらけの商品をDHCがこれだけ大々的にCMを打つとは思えません。

従って、フォースコリーに効果を見いだせなかった人は、何かしら飲み方に問題があるのではないか?と思い、調べてみました。


例えば、フジフィルムが出しているメタバリアなどは、食事の際の”糖分”の分解を妨げ、糖の吸収をスルーさせる働きのある「サラシア」という成分が主成分となっています。

したがって、メタバリアの正しい飲み方は、「食前、15分〜20分前」が最も効力を発揮できるわけです。

なんでもない時や、寝る前に飲んでも、お腹の調子が悪くなったりする場合が多いみたいです。




では、フォースコリーの場合はどうかというと、DHCは「フォースコリーは、1日の目安量を朝と夜などに分け、食事の30分くらい前に摂る」と最も効果的だと言っています。

フォースコリーの主成分は、コレウスフォルスコリのエキスで、これは脂肪吸収を妨げると同時に、脂肪を燃焼させる後押しをする特徴があります。


フォースコリー



食前30分前に胃の中で溶かしておくことで、胃に入ってきた食事の内容物のなかから、脂肪になるような成分の吸収を妨げ、さらに脂肪燃焼を促す成分が血液と共に全身の細胞に行き渡るわけです。


フォースコリーを飲んでお腹をこわしたとか、便秘になったとか、そういった副作用的な事を主張する人の多くは、食前とかを意識せずに、とにかく1日の目安量を適度に飲めばいい、と考えて飲んでいる人が多いようです。


コレウスフォルスコリの特徴を生かすためにも、発売元のDHCの言う「1日の目安量を朝と夜などに分け、食事の30分くらい前に摂る」というのを意識してみてはどうでしょうか。


効果の期待できないものは、DHCも莫大な広告費をかけてテレビCMなどやらないわけですから、そこを冷静に考えると、やはりユーザー側の”使い方”の問題も多分にある、と思うのです。


フォースコリー




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © DHCフォースコリー口コミと最安情報 All Rights Reserved.
一眼レフ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。